ナースは転職率が高いと言われており、実際に約8割りのナースが転職を経験しています。では、何故ナースはこんなにも転職率が高いのか、ナース転職のきっかけを考えてみました。ある統計でナース転職のきっかけが発表されていたのですが、一番多かったきっかけが「職場の人間関係の悪化」でした。閉鎖された空間で同僚は女性ばかりとなると、人間関係の悪化を避けきれない人も大勢います。また、患者さんとの関係性もあるだけに、なかなか同じ職場でうまくやっていくことが難しいようです。次いで多いのが「給料アップのため」「シフトに不満を感じるため」となっています。看護師は大変なお仕事ですが、そこで希望した日に休めない、夜勤にされたなど想い通りに休日を取れないナースは少なくありません。ここから分かるのは、ナース転職のきっかけは自分ではどうにもできない事態に陥った時に考えるとのことです。また、他にもスキルアップなどのために転職を考えるナースも多くいます。中でも転職率の多さに響いている理由が、結婚や出産を期に離職する人が増えうということです。女性だらけの職場の特徴ですが、これがナースの転職率が約8割にも上る理由です。理由は決して一つではないですが、他の職種の人が考える転職理由と比べてみても、それほど大きな変わりはないでしょう。ただ、ナースという特殊なお仕事から職場の状況や働く人が特徴的なので、転職率が高くなっていると言えます。